オリックスの住宅ローン

住宅ローン提供金融機関であるオリックスの商品・サービス詳細を項目毎に比較して紹介します。

オリックス 住宅ローン

年率が低いことで有名なオリックスのフラット35
年利2%を切る、低金利ローン!
融資額が最大で2億円まで!
金利は変動制、固定制を選べるので、計画が立てやすい!

低金利で借りられる住宅ローン!

年利が2%を切るものもある住宅ローン・プラン!
オリックス銀行が用意する住宅ローンは低金利で注目を浴びています。例えば2012年8月に設定された金利は、20年以下の期間のローンで1.56%ととても低いパーセンテージになっています。
「フラット35」や「フラット20」など、オリックス銀行では住宅ローンを組みたい方の様々な条件に合わせられるように、いくつかのプランを用意しています。契約者の収入や計画に合った返済額で、無理なく住宅ローンが組めるのは魅力です。
融資額が最大で2億円にもなる!
オリックス銀行で融資できる最大融資額は2億円です。いろいろな条件をクリアすることが必要ですが、高額の融資を受けることができるので、マイホーム獲得にも夢が広がります。しかも、返済は最大で35年間と長期間に渡っていますから、返済額もある程度低く抑えることができ、無理なく計画的に返済をしていけることでしょう。
金利は変動/固定を選べるので、計画が立てやすい!
年に2回、金利情勢によって金利の見直しが行われる「変動金利型」と、最初の3年間もしくは5年間の返済に限っては金利が固定となる「固定金利期間特約付変動金利型」を選択できます。
「変動金利型」は年に2回ばかり金利が見直されるため、半年毎に返済額も変動してしまいます。ですので、計画が立てにくいというデメリットがあるのですが、返済額が安くなる場合もあるため、得というメリットもあります。
「固定金利期間特約付変動金利型」は3年型と5年型があり、前者は最初の3年間、後者は最初の5年間は固定金利となります。つまり、3年間か5年間は月々の返済額が一定額になるのです。住宅を購入したばかりだと家具の買い替えやリフォームなどでお金がかかるものです。変動型のように返済額が変わると計画も立てづらいでしょう。最初の数年間だけ固定制にしておけば、金利はやや高いというデメリットはありますが、計画が立てやすくなるので安心です。

オリックスのサービス詳細

固定期間 1年〜10年
商品の特徴
借入可能額 他の住宅ローンからの借換え 保証料
2億円以内 無料
繰上げ返済手数料 おすすめ!→無料※但し、固定金利期間中の全額返済の場合52,500円
繰上げ返済の方法 電話・店頭
その他 団体信用生命保険料無料、8疾病保障無料付帯
運営会社
オリックス株式会社
所在地 : 東京都港区芝4丁目1番23号 三田NNビル
資本金 :1,380,736百万円(平成24年9月1日現在)