フラット35とは一体何?

住宅ローンの入門情報として「フラット35とは?」について基礎知識をしっかり学びましょう。

フラット35とは?

フラット35は住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)が民間の金融機関と連携して行う長期固定型住宅ローンです。簡単に説明すると民間の金融機関が貸し出した住宅ローンの債権を住宅金融支援機構が買取ります。直接個人にローンでお金を貸し出すのは民間の金融機関ですので、手続きを行う窓口は民間の金融機関となります。このような形で住宅金融支援機構が債権を買い取ることで、民間金融機関の融資のリスクを減らし、貸し出しをしやすくする働きをしています。

住宅金融支援機構は文字通り、住宅を購入する人を支援する目的の独立行政法人で国土交通相と財務省の管轄する公的な機関です。元々存在した住宅金融公庫が姿を変える形で発足した独立行政法人で、住宅金融支援機構が間接的に民間金融機関を通して融資する形のフラット35には様々なメリットやデメリットがあります。住宅ローンを組む際に上手く利用してみましょう。

◆住宅ローン 人気ベスト3 >> もっと見る

住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行
優れた条件の金利商品と充実したサービスで多くの方から支持されている住信SBIネット銀行。
イオン銀行
イオン銀行
当初融資期間に応じた優遇金利を設定!!低い金利水準が素晴らしいイオン銀行。
新生銀行
新生銀行
総合的にとにかく低コスト。保証料・繰り上げ返済手数料が無料、事務取扱手数料が5万円!