フラット35のメリット・デメリットとは

住宅ローンの入門情報として「フラット35のメリット・デメリット」について基礎知識をしっかり学びましょう。

フラット35のメリット・デメリット

フラット35のメリット・デメリットについて知識をインプットしていきましょう!

フラット35のメリット

最長で35年ですので、それより短い期間を設定することも可能です。固定金利のため、金利の上昇を心配する必要がありません。住宅ローンを組んだ際に最終的な返済額が決定するため、長期的なプランが立てやすくなっています。

1. 最長35年間の固定金利
最長で35年ですので、それより短い期間を設定することも可能です。固定金利のため、金利の上昇を心配する必要がありません。住宅ローンを組んだ際に最終的な返済額が決定するため、長期的なプランが立てやすくなっています。
2. 保証料や保証人が不要
フラット35では保証人が必要ありません。それはつまり保証会社への保証料も不要と言うことです。一般的な銀行などの金融機関の住宅ローンの場合、保証料が借り入れ金の0.2%ほどかかってしまいます。
3. 低金利
長期固定ローンなのに金利が驚くほど低く抑えられていて、おおよそ2%台の利息でローンを組むことが出来ます。
4. 繰上返済手数料無料
一般的な銀行などの金融機関の住宅ローンの場合、繰上返済を行う時に数千円から数万円の手数料が発生してしまいます。フラット35では繰上返済手数料が無料のため、気軽に繰上げ返済を行う事が出来ます。

フラット35のデメリット

最長で35年ですので、それより短い期間を設定することも可能です。固定金利のため、金利の上昇を心配する必要がありません。住宅ローンを組んだ際に最終的な返済額が決定するため、長期的なプランが立てやすくなっています。

1. 融資を受ける際の審査が厳しい
返済額が年収に対して25%まで、つまり月々の返済額が月収の4分の1に収まるようにしなければいけません。必然的に返済期間を長くしなければいけなくなってしまいます。また、借り入れまでの期間もやや長めにかかる傾向にあります。
2. 限度額が8000万円〜1億円まで
融資の上限金は金融機関にもよりますが、大体8000万円〜1億円くらいとなっています。そのためそれ以上の金額の融資が必要な場合は別途資金を調達しなければいけません。
3. 物件により制限がある
「一定の水準を満たした住宅でなければならない」という決まりがあり、住宅金融支援機構の定める技術水準を満たした優良物件でなければフラット35を利用できません。その際には適合証明書を発行してもらう必要があります。
4. 金利の確定タイミング
フラット35によるローン金利の確定タイミングは融資が実行される時点となっています。つまり融資申込時の金利が低くても、実際に入居して融資が実行される時点での金利が高くなってしまっているリスクがあります。現在建設中のマンション購入時などには特に注意が必要です。

◆住宅ローン 人気ベスト3 >> もっと見る

住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行
優れた条件の金利商品と充実したサービスで多くの方から支持されている住信SBIネット銀行。
イオン銀行
イオン銀行
当初融資期間に応じた優遇金利を設定!!低い金利水準が素晴らしいイオン銀行。
新生銀行
新生銀行
総合的にとにかく低コスト。保証料・繰り上げ返済手数料が無料、事務取扱手数料が5万円!