フラット35の利用条件とは

住宅ローンの入門情報として「フラット35の利用条件」について基礎知識をしっかり学びましょう。

フラット35の利用条件

マイホーム購入のための住宅ローンとして便利なフラット35ですが、どんな人でも利用出来るというわけではなく、一定の条件を満たしている必要があります。ここではフラット35を利用するための条件を説明します。

1. 申し込み時の年齢が70歳未満であること
これ以上に高齢の方はフラット35を利用することは出来ません。しかし、親子でローンを返済する親子リレー返済なら借り入れすることが可能です。
2. 日本国籍をお持ちの方
日本国籍を持っている必要があります。または日本の永住権をお持ちの方や特別永住者の方も利用できます。
3. 年収に占める年間合計返済額の割合
年収に占めるフラット35の返済やその他のローン及びクレジットカード支払いの年間合計返済額の割合が以下の基準を満たしている必要があります。
・年収400万円未満 30%以下
・年収400万円以上 35%以下

フラット35の窓口となる金融機関によってほかにも条件が定められている場合がありますが、上記の3つは共通しています。通常の住宅ローンと比べ、やや厳しめの条件設定となっていますが、言い換えればそれだけ質の高いサービスであるとも言えます。条件をクリア出来そうなら金融機関に相談して見ましょう。

◆住宅ローン 人気ベスト3 >> もっと見る

住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行
優れた条件の金利商品と充実したサービスで多くの方から支持されている住信SBIネット銀行。
イオン銀行
イオン銀行
当初融資期間に応じた優遇金利を設定!!低い金利水準が素晴らしいイオン銀行。
新生銀行
新生銀行
総合的にとにかく低コスト。保証料・繰り上げ返済手数料が無料、事務取扱手数料が5万円!