住宅ローンの金利の種類を知ろう

住宅ローンの入門情報として「住宅ローン金利とその種類」について基礎知識をしっかり学びましょう。

住宅ローンの金利とその種類

住宅ローンの金利には大きく分けて4種類あります。基本的に金利は短期間の返済では少なく済み、長期間の返済では高くなってしまいます。その点を踏まえた上で、それぞれの特徴を理解して、自分に合ったものを選びましょう。

1. 「全期間固定金利型」
「全期間固定金利型」は借り入れから完済までの金利が固定されているタイプです。やや高めの金利となってしまいますが、基本的には返済までの期間の金利は一定で、市場金利の変動に左右されません。最終的に払う金額が計算しやすく、生涯資産の管理がしやすい安定的な点が魅力です。小さなお子さんをお持ちの方やご両親の介護の負担など、将来的に出費が増えていきそうな場合に適しています。
2. 「固定金利期間選択型」
「固定金利期間選択型」は借り入れ時に一定期間の利息を決定し、期間終了時後に再度金利を見直すタイプです。金利見直しまでの期間はご利用の金融機関によって様々ですが、2年、3年、5年、10年、15年などがあります。金利見直しの時期に市場金利が変化していると大幅な金利上昇リスクもあり、安定的な運用には適していないかもしれません。今現在は経済的に余裕が無いが、将来的には余裕が出てきそうという見通しがある方に適しています。
3. 「変動金利型」
「変動金利型」は年2回、半年ごとに金利の見直しがされるタイプです。半年ごとに金利の見直しが行われるため、市場金利次第では大幅に返済額が増えてしまうリスクがあります。返済額の改定が5年ごとに行われ、改定後の返済額はそれまでの1.25倍以内と定められています。金利が大きく上昇してしまうと、返済額のうちの利息が占める割合が高くなり、元金がなかなか減らないという状況に陥ってしまう可能性もあります。短期間で一気に返済する事が出来そうな人に適しています。
4. 「ミックス金利型」
固定型と変動型を組み合わせたタイプです。固定金利型の安定性とリスクは高いが上手く行けば低金利で済むかも知れない変動型を組み合わせる事でリスクヘッジをすることが出来ます。しかし、2つの金利で並行して返済額を管理する必要があり、どうしても複雑になってしまいます。

◆住宅ローン 人気ベスト3 >> もっと見る

住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行
優れた条件の金利商品と充実したサービスで多くの方から支持されている住信SBIネット銀行。
イオン銀行
イオン銀行
当初融資期間に応じた優遇金利を設定!!低い金利水準が素晴らしいイオン銀行。
新生銀行
新生銀行
総合的にとにかく低コスト。保証料・繰り上げ返済手数料が無料、事務取扱手数料が5万円!