繰り上げ返済とは

住宅ローンの入門情報として「住宅ローンの繰り上げ返済」について基礎知識をしっかり学びましょう。

住宅ローンの繰り上げ返済についての基本情報

住宅ローンの返済期間は30年や35年など、数十年単位で設定する場合が多いようです。しかし、例えば返済期間を35年と決めた場合でも、きっちり35年間にわたって返済しなければいけないわけではありません。仮に予想以上のボーナスが発生したり、その他臨時収入があった場合には、それを返済に当てることも可能です。このように、毎月の返済金額とは別に前倒しでローンを返済してしまう事を繰上げ返済と言います。

繰り上げ返済にはどのようなメリットがあるのでしょうか?実は繰上げ返済を行うことで総返済額をかなり減らすことが出来ます。住宅ローンの返済は借り入れたお金に利息を付けながら返していくことになります。繰り上げ返済は全額元金への返済に当てられますので、直接元金を減らすことができ、自然と利息も減ることになります。つまり、総返済額が減っていくのです。そして、繰り上げ返済は早ければ早いほど効果的です。

繰り上げ返済のタイプ

繰り上げ返済の種類は2タイプあります。

1. 期間短縮型
繰り上げ返済を行い、返済期間を短くして行く方法です。毎月の返済額は変わりません。
2. 返済額軽減型
繰り上げ返済を行い、毎月の返済額を少なく出来ます。返済期間は変わりません。

上記の2タイプはつまり、月々の返済額を減らすのか、返済期間を短縮するのかの違いですが、どちらのタイプで繰上げ返済した場合でも総返済額は減っていきます。期間短縮型のほうが総返済額の減りが大きいので、少しでも早く返済を終わらせたい人に向いています。一方の返済額軽減型は総返済額の減りは少ないですが、今現在の毎月の負担が苦しいと感じられている方におすすめです。

繰り上げ返済の手数料

繰り上げ返済は総返済額を減らすためにかなり効果的ですが、手数料が発生する場合があるので注意が必要です。手数料は繰り上げ返済額によりますが、数千円から数万円ほどが一般的です。しかし、最近ではフラット35など繰り上げ返済手数料無料の住宅ローンサービスも増加傾向にあります。住宅ローンを組む際には、金利だけでなく繰り上げ返済の手数料なども考慮に入れて選びましょう。

◆住宅ローン 人気ベスト3 >> もっと見る

住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行
優れた条件の金利商品と充実したサービスで多くの方から支持されている住信SBIネット銀行。
イオン銀行
イオン銀行
当初融資期間に応じた優遇金利を設定!!低い金利水準が素晴らしいイオン銀行。
新生銀行
新生銀行
総合的にとにかく低コスト。保証料・繰り上げ返済手数料が無料、事務取扱手数料が5万円!