住宅ローンの返済プランを確認

住宅ローンの入門情報として「住宅ローンの返済プラン」について基礎知識をしっかり学びましょう。

住宅ローンの返済プラン

住宅ローンを検討する際に最も重要と言えるのが返済プラン。返済方法にもいくつかタイプがありますが、じっくり慎重に検討しましょう。ここでは返済プランを考える時に重要な3つのポイントを説明します。

1. 何年で返済するか
まず最初に考えるべきポイントとして、何年間で返済するかと言うことです。住宅ローンの返済期間は最長で35年間、そして満75歳又は満80歳までの完済という条件が一般的です。この条件の範囲内で1年単位で返済期間を決めていくことになります。そして、重要な点として、返済期間が短ければ短いほど総返済額は少なく済むが月々の返済額は多くなり、返済期間が長ければ長いほど総返済額が多くなるが月々の返済額は少くなります。総返済額で見れば出来るだけ短期間での返済がお得なのは明らかですが、住宅ローンの返済の場合、短くても数年、長ければ数十年という長期的なプランで考える必要があります。これから先、子供の進学、ご主人の転職、病気などのトラブルの発生など何が起こるかわかりません。そういった場合にも対処出来る余裕のある返済プランを考える必要があります。
2. 毎月返済とボーナス返済
毎月の返済にボーナスによる返済を組み入れることで、毎月の返済額を抑えることも可能です。しかし、注意しなければいけないのは、ボーナス返済に頼ることで、その後の住宅の修繕費や火災保険、固定資産税の費用が賄えなくなってしまったりする場合です。また、今後ボーナスが減ってしまう可能性もあります。なるべくボーナスに頼らないプランをたてたほうが安心して返済できるでしょう。
3. 「元利均等返済」と「元金均等返済」
返済方法として「元利均等返済」と「元金均等返済」があります。
「元利均等返済」は毎回の支払い金額が同じ額で、その金額の中で元金分と利息分の割合が変わっていきます。つまり、借り入れ当初は未返済元金がまだ多いので、利息分が返済額の大きな割合を占めることになり、元金分の返済が進むにつれ徐々に元金が減っていきます。メリットとしては返済額が一定のため、返済プランが立てやすい事。逆にデメリットとしては「元金均等返済」と比べ元金の減りが遅く、返済総額が多くなってしまう点です。
「元金均等返済」は毎回の支払いの元金分だけが一定で、そこに未返済元金に対する利息を上乗せして返済していく方法です。未返済元金は借り入れ当初が一番多いので、最初の返済額が一番大きく、返済をして行くにつれ毎回の返済額が減っていきます。メリットは元金の減りが速いため総返済額を少なく出来る点ですが、デメリットとして返済開始当初の負担がかなり大きくなってしまう点があります。

◆住宅ローン 人気ベスト3 >> もっと見る

住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行
優れた条件の金利商品と充実したサービスで多くの方から支持されている住信SBIネット銀行。
イオン銀行
イオン銀行
当初融資期間に応じた優遇金利を設定!!低い金利水準が素晴らしいイオン銀行。
新生銀行
新生銀行
総合的にとにかく低コスト。保証料・繰り上げ返済手数料が無料、事務取扱手数料が5万円!