住宅ローンの審査とは

住宅ローンの入門情報として「住宅ローンの審査」について基礎知識をしっかり学びましょう。

住宅ローンの審査について学ぼう

住宅ローンは数千万円といった金額のお金を借りるローンです。当然の事ながら金融機関としても、どんな人にでも簡単にお金を貸すと言うわけにはいきません。各金融機関によって基準は違えど、かなり慎重な審査が行われます。ここでは、一般的な審査のポイントについて説明します。

住宅ローン審査のポイント


1. 現在の収入
年収額はもちろんのこと、安定的な収入であるかなども重要なポイントとなります。各金融機関ごとに最低年収を設定している場合もあります。
2. 職業
やはり大手民間企業にお勤めの方や、公的機関にお勤めの人は信用度が高い傾向にあります。対して、自営業の方などはやや審査が厳しいかもしれません。また、専業主婦など定職についていない方への融資はかなり難しいです。
3. 勤続年数
最近では転職も一般的になってきたためそこまで勤続年数には厳しくありませんが、それでも勤続年数が一年に満たない人や正社員でない人がローンを組むのは厳しいです。
4. その他のローンの状況
車やその他のローンをすでに組んでいる方は、その残高や返済状況が調べられます。当然の事ながら、ローンの残高が大きかったり、返済が滞っていた過去があれば審査に影響します。

住宅ローン審査では各金融機関ごとに審査基準が違うため、どこかでローンを断られても違うところでは審査に通るというケースも珍しくはありません。どこか一社で審査に通らなくても、すぐに諦める必要はありません。また一般的に民間の住宅ローンより、公的機関を介した住宅ローンを利用したほうが審査が緩いと言われています。民間の住宅ローンで審査に通るのが厳しいと感じられたら、フラット35など公的機関の介した住宅ローンを検討してみましょう。

◆住宅ローン 人気ベスト3 >> もっと見る

住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行
優れた条件の金利商品と充実したサービスで多くの方から支持されている住信SBIネット銀行。
イオン銀行
イオン銀行
当初融資期間に応じた優遇金利を設定!!低い金利水準が素晴らしいイオン銀行。
新生銀行
新生銀行
総合的にとにかく低コスト。保証料・繰り上げ返済手数料が無料、事務取扱手数料が5万円!