住宅ローンの借り換えとは

住宅ローンの入門情報として「住宅ローンの借り換え」について基礎知識をしっかり学びましょう。

住宅ローンの借り換えについての入門ガイド

住宅ローンの借り換えとは現在借り入れているローンを一括で返済し、新しくローンを組み直す事です。金利が高い時に組んでしまった住宅ローンなどは、借り換えを行うことで大幅に債務を減らせる可能性があります。

住宅ローンの借り換えが出来るパターンは公的融資から民間融資へ借り換え、民間融資から民間融資への借り換え、の2種類となります。つまり公的融資への借り換えは出来ません。また、借り換え手続きの際には手数料などの費用がいくらか必要となります。しかし、それらの費用を差し引いてもかなり返済額を減らせる場合も多く、検討してみる価値は大いにありそうです。

借り換えの例

【現在の残高が2,000万円、金利2.875%から0.975%へ借り換えの場合】
支払い総額は2,987万円→→→2,307万円
月々の支払額82,978円→→→64,098円
総額では680万円、毎月の支払額でも18,880円も返済額を減らすことが出来ました。

全てのケースでこのように大幅に返済額を減らすことが可能とは言えませんが、かなりの確率で多少なりとも返済額を減らせる場合が多いようです。

借り換えで返済額を減らせるケースのポイントとして、
・金利を1%以上減らせる場合
・ローンの残高が1,000万円以上
・返済期間の残りが10年以上
このようなケースでは借り換えによって大幅に返済額を減らせる可能性が高いです。

当サイトで紹介している住宅ローン会社でもそれぞれ借り換えによるシュミレーションが用意されています。まずは試しに簡単なシュミレーションを行なって見ましょう。

◆住宅ローン 人気ベスト3 >> もっと見る

住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行
優れた条件の金利商品と充実したサービスで多くの方から支持されている住信SBIネット銀行。
イオン銀行
イオン銀行
当初融資期間に応じた優遇金利を設定!!低い金利水準が素晴らしいイオン銀行。
新生銀行
新生銀行
総合的にとにかく低コスト。保証料・繰り上げ返済手数料が無料、事務取扱手数料が5万円!