商品の選択に戸惑う日々

これまでに住宅ローンを組んだ方の体験談「商品の選択に戸惑う日々」をテーマに紹介していきます。

トップページ > 住宅ローン体験談 > 商品の選択に戸惑う日々

商品の選択に戸惑う日々

マイホームの購入は一生の夢です。可能であれば、現金で購入したいのですが、身内からの相続や遺産で金銭的な余裕がある、または、一生懸命働いて現金を貯めて購入するという強者もいられるようですが、ほとんどの人は住宅ローンを利用すると思います。我が家も住宅ローンを利用して家の購入を考えています。というのも、高い賃貸料を何年も払い続けているのがバカバカしくなってきたからです。

毎月の賃料で家を購入するのも夢ではないなと思えるようになったのも、インターネットで家の購入価格と住宅ローンの利用方法などの情報をいろいろと知るようになったからです。インターネットを使っていなければ、家の購入など考えてもいませんでした。

現時点で熟考していることは住宅ローン会社の選定です。住宅ローンも利用する借入先によって金利の幅があり、たかが0.1%の金利の差も借入金額が多く、そして返済期間も長いとなると利息に払う金額はかなり違ってきます。

また、固定金利にするか変動金利を利用するか、固定金利も長期と短期など、いろいろと知らなくてはいけないことが多く頭が痛くなります。

そして、借入に伴う事務費用などの諸経費も借入金額によって変動したりと、これまた面倒な手続きが発生してきます。住宅ローンを利用した場合には団体信用生命保険にも加入が必要でこれも金額が大きく違ってきます。本当に考えなくてはいけないことが多く、夢を実現させることの難しさを勉強しています。

現状、住信SBIネット銀行や楽天銀行のようなネット銀行を利用することが一番金利が安く済むようですので、いくつかそれらの銀行からの問い合わせフォームから資料を取り寄せています。そしてコンピュータで金利の資料一覧を作成し比較検討の毎日です。

◆住宅ローン 人気ベスト3 >> もっと見る

住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行
優れた条件の金利商品と充実したサービスで多くの方から支持されている住信SBIネット銀行。
イオン銀行
イオン銀行
当初融資期間に応じた優遇金利を設定!!低い金利水準が素晴らしいイオン銀行。
新生銀行
新生銀行
総合的にとにかく低コスト。保証料・繰り上げ返済手数料が無料、事務取扱手数料が5万円!