そろそろ住宅ローンの乗り換えをしよう

これまでに住宅ローンを組んだ方の体験談「そろそろ住宅ローンの乗り換えをしよう」をテーマに紹介していきます。

トップページ > 住宅ローン体験談 > そろそろ住宅ローンの乗り換えをしよう

そろそろ住宅ローンの乗り換えをしよう

私がマンションを購入したのは5年前。
子どもが小学校に上がるタイミングで購入を決めました。

販売価格は2300万円の3LDK。
頭金を600万円用意して残りを35年ローンで完済する予定でした。

しかし、当時の私の年収はぎりぎり400万円に届かない状況。
販売会社の営業マンが言う事では、年収400万円ないと、有利な金利で長期固定ローンを組めないそうです。
いきなり壁にぶつかってしまいましたが、そこは販売したくてしょうがない営業マンさんですからいろいろ調べてくれました。

35年間固定金利で返済ができるフラット35はできないが
マイナーな信用金庫で10年固定ができますよと
調べていただいた営業マンに感謝です。

そんなわけで年利2.3%でスタートした人生最大の買い物。

毎月の返済は4万円でボーナスは12万円の支払い。
そしてその他にも管理費・修繕費・駐車場代に固定資産税。
思った以上に苦しい生活がつづてしまい、
貯金はまったく貯まらずで、
繰上げ返済どころではありません。

しかしその5年間で私の年収も
無事400万円を越えることができました。
この機会に住宅ローンの乗換えで、
少しでも支払いを減らす事ができないだろうか?

そう思っていざ始めてみると
この不況でゼロ金利時代に、
あえて長期固定にする必要はあったのでしょうか?

利率が変動制だと利率は約0.9%前後のものばかりです。
しかも途中で固定に切り替えることもできる銀行まであります。

この低金利時代は利率の低い変動制で返済金額を縮小し、
景気が上向いてきたら長期固定に変更する。
これにより、かなり返済金額の圧縮に成功するはずです。

そして繰り上げ返済の手数料が無ければ、
こまめに返済が可能。
まとまったお金がないとなかなか返済しづらかったのが
これならばボーナスの残など、ちょっとした金額でも
どんどん返済ができます。

ちなみに上記のポイントをうまく抑えた新生銀行がお勧めです。

乗換えでローンを見直して、
人生計画の見直しをしていきましょう。

◆住宅ローン 人気ベスト3 >> もっと見る

住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行
優れた条件の金利商品と充実したサービスで多くの方から支持されている住信SBIネット銀行。
イオン銀行
イオン銀行
当初融資期間に応じた優遇金利を設定!!低い金利水準が素晴らしいイオン銀行。
新生銀行
新生銀行
総合的にとにかく低コスト。保証料・繰り上げ返済手数料が無料、事務取扱手数料が5万円!