住宅ローン減税の条件って一体何?

住宅ローンの入門情報として「住宅ローン減税の条件」について基礎知識をしっかり学びましょう。

住宅ローン減税の条件とは


住宅ローン減税を受けるために
住宅ローン減税を受けることが出来れば、所得税並びに住民税が控除されるため、税金面での負担がかなり軽減されます。この制度を上手く活用すれば、資金面でかなりの助けとなるでしょう。しかし、どなたでもこの住宅ローン減税を利用出来るわけではありませんので確認が必要です。住宅ローン減税を受けるための条件を見ていきましょう。
住宅ローン減税の条件
住宅ローン減税を受けられる対象者の大まかな条件を説明します。

・控除を受ける年の所得合計が3,000万円以下であること。
・住宅取得後6ヶ月以内に入居し、その年の12月31日まで居住すること。
・返済期間が10年以上であること
・住宅の専有面積が50岼幣紊△襪海
・住宅の2分の1以上が居住用スペースであること

以上の条件を満たしていれば概ね住宅ローン減税が適用されるようです。しかし、これに加えて中古物件を購入する際には「木造ならば築20年以内、耐火建築ならば築25年以内の物件であること」、増改築費用のローンに関しては「100万円以上の大規模なリフォームであること」など、ケースバイケースの部分も多々あります。また、上記のような条件を満たしていても、適用除外とされてしまうケースもあるようなので、まずは税務署や税理士など専門的な知識を持った人間の居るところで相談してみることをおすすめします。
住宅ローンの減税の期間

住宅ローン減税の措置を受けられたとしても、減税措置がローン返済の終了まで続くという訳ではありません。2009年(平成21年)から2013年(平成25年)の間に居住を始めた物件への減税措置は一律固定の10年間となっています。その後は減税措置は受けられない事を前提にプランを練る必要があるでしょう。

◆住宅ローン 人気ベスト3 >> もっと見る

住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行
優れた条件の金利商品と充実したサービスで多くの方から支持されている住信SBIネット銀行。
イオン銀行
イオン銀行
当初融資期間に応じた優遇金利を設定!!低い金利水準が素晴らしいイオン銀行。
新生銀行
新生銀行
総合的にとにかく低コスト。保証料・繰り上げ返済手数料が無料、事務取扱手数料が5万円!