住宅ローンの減税の手続きって一体何?

住宅ローンの入門情報として「住宅ローンの減税の手続き」について基礎知識をしっかり学びましょう。

住宅ローンの減税の手続きについて知っておこう!

住宅ローン減税を受けるための手続きは税務署で行う事になります。初年度は確定申告時に税務署で申請します。確定申告書は第一表と第二表に分かれていますので、第一表の「住宅借入金等特別控除」欄に控除額を、第二表の「特例適用条文」欄に居住開始年月日を記入します。控除額や居住開始年月日は間違えのないように正確に書き込みましょう。

さらに、「住宅借入金等特別控除額の計算明細書」など、申告に必要な書類を用意しなければいけません。必要な書類を以下にまとめます。

申告に必要な書類
・住民票の写し
・不動産登記簿謄本
・売買契約書
・住宅借入金等特別控除額の計算明細書
・住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書
・印鑑
・還付金振込み用の通帳
・源泉徴収票(お勤めの場合)

これらの書類を記入済み確定申告書と一緒に税務署に提出します。各書類は国税局や市役所、ご利用の金融機関などから取り寄せて揃えなければならない場合もありますので、早めに用意しておきましょう。国税局のホームページや電話でよく確認することをおすすめします。

サラリーマンの方など、いわゆる給与所得者の場合は、2年目以降は確定申告ではなく年末調整で手続きを行えます。税務署から送付される「給与所得者の住宅借入金等特別控除申告書」と金融機関から送付される「住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書」を勤務先に提出しましょう。

◆住宅ローン 人気ベスト3 >> もっと見る

住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行
優れた条件の金利商品と充実したサービスで多くの方から支持されている住信SBIネット銀行。
イオン銀行
イオン銀行
当初融資期間に応じた優遇金利を設定!!低い金利水準が素晴らしいイオン銀行。
新生銀行
新生銀行
総合的にとにかく低コスト。保証料・繰り上げ返済手数料が無料、事務取扱手数料が5万円!